CLOSE
NEW HOUSE

新築戸建て・新築平屋の施工設計

  • HOME
  • 新築戸建て・新築平屋の施工設計

新築を自分好みにしたい
その願い弊社が叶えます。

新築
模型

「自分の城を持つ」
以前一軒家を建てる夢を持つときによく言ったものです。

現在では様々な地域を体験したいというニーズから、賃貸マンションを選ばれる方も多いですが、様々な地域を経験した結果、定住を決めるために新築を建てる方もいらっしゃいます。

新築を建てるということは、何十年と長い期間過ごす「人生の伴侶」とも言えますので、お住いになられるご家族の理想を叶えることが愛着に繋がると思います。

将来「あのときこんな感じで家を建てたんだよね」と、思い出話に浸れるような、新築設計・施工を行います。

新築一戸建ての設計施工

弊社は建売ではなく、「完全オーダーメイド」の設計施工を行っています。
設計施工を弊社が担当し、「理想の一戸建て」を実現していきます。
弊社で行った事例を通して、施工の流れをお伝えしていきます。

FLOW

新築一戸建ての施工の流れ

着工準備・基礎工事

着工準備(地盤調査・地縄張りなど)を行った後、基礎工事を行っている写真です。

根切り

地盤を掘り起こし、建物の基礎を作る作業

地業

砕石を地縄張りした範囲に敷き詰めて固める作業

根切り

地盤を掘り起こし、建物の基礎を作る作業

捨てコンクリ

地業後に防湿シートを敷き、コンクリートを打つ作業(地盤が建物に耐えられるような強度を高めることができる)

配筋工事

基盤作成のための基準線を引いた後、鉄筋を組み立てる作業です。その後配筋検査を行い、合格すれば次の工程に入ります。

生コン打設

生コンクリートを床下と立ち上がり部分に分けて打設します。このとき雨にあたらないよう養生などでカバーし、乾燥させます。

給排水管の工事

基礎工事が完了したら、給排水管の工事を行い、建物内や地中から張る作業を行います。

土台の設置

土台敷きと呼ばれる、土台となる木材を設置していく作業です。このときにシロアリを防ぐ作業も一緒に行っていきます。

建方工事

建方工事は一番家を建てている実感が湧く工程です。理由としては、木材を家の形に組み立てていく作業だからです。

実際に行われる工程としては、木材を組み立て土台を組み、梁を渡していきます。耐震性能を考慮して筋合いを入れる必要があるので、設計図を確認しながら作業を行っていきます。
工期としては2週間程度で終わります。

建方工事が完了すると、上棟式を行いますがこれはマストで行うものではありません。上棟式については事前に打ち合わせを行い、決定します。

屋根の工事

これまでのチェックをすべて終わらせたら、屋根工事に入ります。
屋根工事を次に行う理由としては、雨の驚異によって資材が濡れないようにするためです。天候はコントロールすることができないため、優先順位を考慮することも重要なポイントです。

写真では実際に透湿防水シートを施工した写真や屋根の工事をしている実際の風景をご紹介しています。

サッシ工事・玄関ドア設置・中間検査

サッシを設置していく工程に入ります。
サッシを設置する際は、高さ調整など細かい部分にまで目を行き届かせます。

また、玄関ドアの設置もサッシ工事と同時に行い、施錠ができる状態になります。

中間検査では日本住宅保証検査機構の立ち入り検査が行われます。検査に合格したら、外装工事に移行していきます。

電気工事

サッシを設置していく工程に入ります。
サッシを設置する際は、高さ調整など細かい部分にまで目を行き届かせます。

また、玄関ドアの設置もサッシ工事と同時に行い、施錠ができる状態になります。

中間検査では日本住宅保証検査機構の立ち入り検査が行われます。検査に合格したら、外装工事に移行していきます。

断熱工事

断熱工事は以下のような工程になります。

  • 柱と柱に構造用合板の貼り付け
  • 透湿防水シートの設置
  • 断熱材を詰める
  • 石膏ボードを貼る

このような工程で断熱工事を行います。内装の下地に関する工事はこれで完了します。

床下地の工事

床下に断熱材を敷き詰めていきます。
床下の断熱材は下からの寒さや暑さがお家の中に入らないように、気密性を高めるためにとても重要です。
断熱材がきちんと詰められたら、構造用合板を貼ります。

外壁工事

外壁工事に着工します。
サイディング・タイルを設置していき外壁を完成させていきます。
サイディングの種類やタイルなどの素材によって工事の難易度が変わります。また、図面通りに施工が進んでいるか確認をする必要があります。

内装の仕上げ工事

建物の最終工事となります。内装仕上げ工事では、大工と電気工事士が協力しながら作業を行います。
内容としては、

クロス張り

クロス(壁紙)の貼り付け

造作工事

建具の設置や階段、クローゼットなどの造作工事を行います。
建具屋さんが製作したものの場合は、建具屋さんが設置を行います。

足場外し

組み上げていた足場を外し、撤去していきます。

照明工事

電気工事士による電気周りの調整を行います。
主にスイッチやコンセント、エアコンの設置、配電盤の作業を行います。

設備施工

ユニットバス・キッチン・換気扇・洗面台・トイレの設置を行います。大工の造作工事によって内装の全ての工事が完了します。

エクステリアの工事

外構の工事です。契約内容によりますが、フェンスやアプローチ、植栽などを行います。

資金の問題でエクステリアにまで手が回らなかった場合、資金ができただんかいでエクステリアのリフォームを行うこともできます。

竣工検査・引き渡し

建物が完成したら竣工検査をします。検査機関の検査に合格することで、【完成】となります。

その後、念願の引き渡しとなります。施工時に取り付けていた鍵を交換し、鍵を施主にお渡ししたら全ての工程が完了します。

新築戸建て・新築平屋
の施工・設計なら
ケイクラフトへお任せ下さい。

弊社は新築戸建て・新築平屋の設計・デザインから施工までをワンストップで行います。
建売住宅と違い、オーダーメイド式に1から建築することができますので、
「あなたの夢を具現化する」唯一無二のお家を実現します。

まずはご相談下さい。
面談を行い、細かな要望や予算感をお伺いしながら、理想のお家に近づけるよう親身に
対応させていただきます。